5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

The Best Things in Life are Eaten

【イスタンブール】世界3大美食のトルコ料理で激うま&激安B級グルメ8選!【Instanbul】8tips of Local amazing foods

メルハバー!(トルコ語でこんにちは)

 

世界三大美食の一つ『トルコ料理

今日はトルコ中の美食が集まるイスタンブールで、食べて食べて食べつくした筆者が、イスタンブールの食の楽しみ方を大紹介!

 

ガイドブックやトリップアドバイザーでは絶対紹介されない、地元民だけが知る超隠れ家から、美味しいB級グルメまで大公開しちゃいます!

 

 

ぷりっぷりの焼き栗を味見せよ!(180円)

ヨーロッパサイドに到着すると、100mごと!?っていうほどの間隔で栗を売っているおじさんがいっぱい。

 

職人のような真剣な眼差しで栗の焼き加減を見つめるおじさん

(撮影許可取得済み)

あまりに大ぶりの栗のため、試してみると

うん、うまい!!

 

日本の栗のように中はしっとりしていないけれど

食べ応えのある大きな栗をその場であぶってくれるから、香ばしさが最高!

 

しかも値段100g10リラ(180円)

この大ぶりの栗が12個ほどごろごろ入っています。

栗本来の味と香ばしさをぜひ味わってみて!

 

ムール貝ピラフがなんと1リラ!(18円)

シーフードって高いイメージでしょ?

海に面しているイスタンブールでもシーフードは貴重。

レストランで頼もうなら、あらびっくり。トルコの物価とは思えないほどの値段

 

そんなイメージを覆すのがこちら

ムール貝ピラフ』

 

一見ただのムール貝のようだけれども・・・・

ふたをあけるとびっくり仰天!

 

ムール貝の中に詰まったピラフに、しっかりと旨みが染み込んでいてうまーい!

そしてレモンをしぼるとさらに風味アップ!

なんといってもこのピラフ、お値段1リラ!なんと18円

いくらでも食べられちゃうね!

 

ムール貝を頬張りながら市場を歩くべし!(70円)

ムール貝ピラフと一緒に売られているのがこちら

ムール貝フライ串』

ムール貝を衣に包んで揚げただけのシンプルな料理なんだけれど

このピンク色のソースとの相性抜群!

 

にんじんをすりおろしたようなさっぱりとしたソースがうまく絡んでうますー!

お値段1本4リラ(72円)

 

目の前で上げたてのフライ串をねだってみて♪

 

トルコの伝統菓子でチーズに埋もれるべし!(180円)

街のいたるところでみるこちらの看板

見るからに美味しそう・・・

イカロリーなんて気にしない!

約60年の歴史を持つ有名なカフェで試してみることに

1つ頂戴!

って頼んだら、なんとこの量!

ポーションの量多くない!?

あまりに多いので、ティーもオーダー

値段3リラ(54円)

中を切ってみると・・・

ラザニアみたいな生地に、チーズがはさまれてる!

美味しいけれど、あまりにヘビーすぎて一人で完食できず・・・

敷居高いカフェというのもあって、残った分はテイクアウェイできるようにパッキングしてくれる。(フォークとお手拭までしっかりつけてくれる!)

 

ビル全体がこのカフェになっていて、上の階にいくと景色が一望できる。

カディキョイのマーケットで疲れたらここのカフェでゆっくりしてみるのもいいかも?

 ■Asi kunefeleri 

 

地元民の食堂で好きなだけオーダーすべし!(120円~)

ご飯食べるところってレストランだけって思っていない?

 

そんなのノンノノン!

本当にトルコ家庭料理を食べるなら、地元民が集まる食堂にトライしてみて!

 

20種類以上並べられた料理から

指差しで『これ!とこれ!』ってオーダーする形式

ポーションの値段が決まっているから、好きなものを好きなだけチョイスできる!

 

トルコ料理の名前なんて分からないよ!!!

っていう私みたいな人に超おススメ!

目の前にすでにある美味しそうなものを選ぶだけだから!

 

ヨーロッパサイドにはあまりないけれど、アジアサイドのカディキョイには山ほどあるこの地元民食堂

普段は地元民がほぼほぼのお店も

観光客がきたら、優しく対応してくれるよ!

こんな感じでトレーをもって、これ!これってオーダーしていって

最後にお会計

あまりに全部美味しそうだから

私はいつも一人分とは思えない料理をオーダーしてしまう。。。

合計44リラ(こんなに頼んで800円以下)

(場所はカディキョイ)

ヨーロッパサイドには数少ない地元食堂だが

地元民に一番人気なお店を教えちゃう!

 

こちらのお店はいつも地元客で店内は満席!

お昼から15時くらいまではお店の外まで長い行列がある大人気店!

全く英語が話せないスタッフと、超地元の人たちにまじりながら私もオーダー!

 

トルコの餃子と言われているマントゥ

ミートボールとポテトの煮物

ピーマンの中にひき肉と野菜のピラフが入った煮物

ちなみにこれが一番美味しかった!

中を切ってみると、神秘的!美しい!

こんだけ頼んで22リラ(410円)!

やっす!

 

もしちゃんとしたレストランで頼んだら・・・、150リラ(2700円)くらい。

トルコレストランの5分の1ほどの値段で、家庭料理が満喫できちゃうよ!

 

■Balkan restaurant

 

トルコティーを生活の一部にしてみるべし!(36円)

トルコ人の1日は

ティーで始まり、ティーで終わる

 

そんなティーを生活の一部にしているトルコ人が飲むティーの数は

約10杯!

 

多いときは20杯!

 

ランチをしていても、ディナーを食べても

どんなときもティーを飲むのがトルコスタイル

 

しかもその値段、1杯2リラ(36円)

高いところで、1杯3リラ(48円)

 

やっす!!

 

新市街でヘルシー系トルコ料理を堪能すべし!(150円~)

ショッピングストリートで有名な新市街

実は新市街の見所はほとんどなし

 

実は、新市街のすばらしさは食の多様性

 

観光名所が立ち並ぶヨーロッパサイドには少ない

ベジタリアンレストランやベーガン(菜食主義)レストランがたくさん

 

今回訪ねた中で一番雰囲気がよかったお店がこちら

『ガラタキッチン』

店内の雰囲気は落ち着いていてゆっくりできるスペース

料理は完全ベジタリアンのものから

肉料理

100%ベーガンのものまで多種多様

自分で好きなものを、好きなポーションだけ選んで食べられるスタイル

 

カリフラワーのクリーム煮

ほうれん草と豆のヨーグルト和え

(味はいまいち)

長ネギとトマトの味のやさしい煮物

トマトライス

トルコでライスを頼むと、100%といっていいほど

バターライスがだされる

 

食中毒で入院していた私には、このバターライスがあまりに重くて

トマトライスにチェンジ。

 

トルコ料理は美味しいけれど

味が濃くて、油おおめのこってり系

 

トルコ料理につかれたら、胃にやさしいベジタリアン料理を試してみては?

 

■Galatea kitchen

 

ケバブ発祥の地で本物のケバブを食べてみるべし!(290円)

トルコっていったらケバブでしょ?

ヨーロッパサイドで、一番新鮮な肉を食べるならここ!

ここのお店は数ヶ月前にオープンしたばかりの新しいお店

店内はこじんまりしてかわいい造り

ここの最大の魅力は

超フレッシュなミート!

 

そしてその超フレッシュなミートを目の前で焼いてくれること!

焼き場、私の席からなんと1メートル!

こちらのシェフ、肉を熟知する職人

真剣な目で、肉を目の前で焼いてくれる

特に炭を使ってじっくり内側から焼いているから

肉がジューシーで、とってもやわらかく仕上がるの

 

私はそこまでおなかが減っていなかったので

ケバブラップをチョイス

 

軽食と思って頼んだのに・・・・

なんと、スターターが付いてくる!

フムスと、野菜サラダ、スパイシーサラダ、そしてどっさりのピタ

これで食事が完了してしまうかと思うくらいのボリューム

 

しばらくすると、頼んだケバブラップが運ばれてくる

 

でっかーい!!!!!

いや、でかすぎるー!!!!

想像していたサイズの2倍ほどの大きさで、スターターを食べたことにちょっと後悔

これで、この値段なんて安すぎる!

 

一口食べると、もう~肉がジューシー!

肉汁がパンに染み込んで、ソースと野菜のしゃきしゃき具合も含めて

すごく美味しいー!!

 

この量で、お値段18リラ(320円)

※スターター付

 

私の選んだケバブは18リラだったけれど

ほかのケバブは16リラから。(290円)

 

コスパと味に大満足の一品でした!

場所もスルタナメットで、中心街!

 

小腹がすいたらぜひ立ち寄ってみて! 

 

■Otantik Kebab

 

まとめ

如何だっただろうか?

今回紹介したのは、どれも300円以下!

 

いくら物価の安いイスタンブールでも、日本人が訪ねるヨーロッパサイドが、どこも観光客向けレストラン!

何も知らなければ、ランチで2000-3000円なんてことも。

 

もちろんお金を出して美味しいものを食べるのも大賛成!

今回は、20円あれば試せる本当にローカルな食情報をお届けした。

 

イスタンブールに行ったら、ぜひローカルな目線でB級グルメをトライしてみては??