5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

The Best Things in Life are Eaten

【アゼルバイジャン】本場のインド人が泣いた!超美味しい本格インドレストラン-【Azerbaijan】Best Indian Restaurant-

サラム!(アゼルバイジャン語でこんにちは!)

 

旅をして23ヶ月

今回訪れた国は、第二のドバイと言われている

”アゼルバイジャン”

 

日本人にとってはとてもマイナーな国だけれど

実はこの国、世界で最も親日の国の一つ。

 

親日な国の中でもこの国の驚くべきことは

親切でおとなしい国民性を持つ人

 

オイルマネーで潤っているアゼルバイジャンの首都バクーで

食べて!食べて!食べまくった!

 

食べ尽くして来たレストランの中で今日紹介するのは

”インド料理レストラン編”

 

バクーで一番美味しいインド料理レストランを紹介しちゃいます!

 

LET'S GO!

 

 

メイン駅から徒歩3分の好立地

場所はバクーのメインステーション ”28 May” から歩いて3分のところに位置する

その名も”MAHARANI”

 

28MAY駅はバクーの中心となっていて

ショッピングモールの28モールがあることでも有名

  

高級感が漂う超きれいな店内

一歩店内に足を踏み入れると・・・

 

「!!!!」

 

おしゃれ!!

 

笑顔が素敵な女性が満面の笑みで迎え入れてくれる

最初から気持ちいいのいい接客だ

1人なのに4人席を使えてゆったりくつろげる

 

テーブルもソファも全部清潔感があって素敵

おしゃれなバーカウンターも

ここでは、ウォッカからおしゃれなカクテルまで楽しめるので早速ウォッカをオーダー

 

超本格インドカレーが◯◯円から!

こんな高級感漂うお店だから高いんじゃない?

って思うでしょう?

 

ところがどっこい!

なんとここのカレーは5マナトから!

日本円だと・・・300円!!

 

5マナトからって言っても

ベジタリアンカレーは一番高くて8マナト(480円)!

 

もちろん肉やシーフードが入ったカレーや他のインド料理もレパートリー多数

色々試してみるのもおすすめ

 

ベジタリアンカレーランキング

ここのインドカレーがあまりに美味しかったため

なんと3回も来店!

 

ここで4種のカレーをランキング形式で紹介する!

 

第1位:Aloo goby ( 7 manat)

Maharaniで1位に輝いたのがこちら!

"Aloo goby"

全部美味しかったけれど、こちらのカレー美味しさは断トツ!

 

じゃがいもとカリフラワーがほろほろになるまで煮えて合ってスパイスの加減が抜群!

 

他のカレーよりも辛さは控えめで、野菜の旨味が口いっぱいに広がる!

野菜だけとは思えない程の満足感

 

こんなに美味しいカレーに出会えたのは

ラオスでの本格インドカレーレストラン以来。

 

1年ぶりの、感動レベルのカレーに出会えた!

このカレーはぜひライスと一緒に食べてほしい

ライスとの相性は200%のマッチングでございます。

 

お値段7マナト。(420円)

 

第2位:Vegatable Kuruma (6 manat) 

第2位にランクインしたのがこちら

”Vegatable Kuruma ”

う~ん、最高に美味しい!

ジンジャーとガーリック、豆とじゃがいもがゴロゴロ入ったカレー

 

カシューナッツのペーストで作られていて、スパイスの中にもナッツの甘さと味の深みが感じられる

 

これはDOSAと言われる米粉で作られたものと食べてみて!

超美味しいから!

 このあと足りなくてライスを別途頼んだのは秘密。

 

お値段6マナト(360円)

+ドサ 2マナト(120円)

+ライス 3マナト(180円)

 

第3位:Kadai Veg(6manat)

第3位にランクインしたのがこちら

”Kadai veg”

テイクアウトにしたため、写りが悪くてごめんなさい

でもこれが美味しいの

 

他のカレーに比べたら辛めだけれど

野菜がごろっごろ入っていて、カレーというよりスパイスで味付けされた野菜を食べている感じ

 

スパイスだけでなく、ジンジャーや香草の香りや風味も加わって超美味しい

バターの香りもふわっと香って癖になる。

 

お値段:6マナト(420円)

 

第4位:Dal fly(5manat)

これも美味しかった!
”Dal fly”

ひよこ豆をペースト状にしたカレー

数種類の野菜の味だけでなく、トマトが入っているから辛いのに後味がさっぱり

 

個人的には食べたことのないカレーでとても興味深かった

 

スペシャルなライスと一緒に食べながら楽しんでみて

お値段:5マナト(300円)

 

まとめ

いかがだっただろうか。

日本人には聞き慣れない国、アゼルバイジャン

 

信じられないほどの親日で、産油国として潤っているため町並みも超バブル

 

アゼルバイジャン料理は後ほど紹介するが

ここのインド料理は期待を遥かに上回る感動レベルの美味しさ

 

なんとインドからの観光客は、

他のインド料理レストランに満足できず

ここのレストランに4日中4日も通ったほどの本格さ!

 

あまりに美味しすぎて本場のインド人が泣いたって話も・・・

 

アゼルバイジャンの首都バクーに来たら

1回は訪ねてみてほしいレストラン

 

行き方

場所はバクーのメインステーション ”28 May” から歩いて3分のところに位置する

 

営業時間は12時から23時まで

ランチでもディナーでも楽しめるレストラン