5人兄弟末っ子のハラペコ世界一周

5人兄弟末っ子のハラペコ旅行記

The Best Things in Life are Eaten

【ペナン島】世界一の食通Youtuberが絶賛!食べないと絶対に後悔するペナン料理5選

世界中の観光客が、『ここは観光ではなく食の街』といわしめるほど、私たちの舌を惹きつけるペナン島

2008年に町ごと世界遺産に登録されたジョージタウン

『食べないと絶対に後悔する料理』を紹介する!

 

【ペナン島の楽しみ方の記事はこちら】

saratravel.hateblo.jp

 

 

1位:真の王者!ヌードルが絶品すぎてここにロックオン!

ペナン島(ジョージタウン)で一番美味しいビーフスープヌードルやさんがこちら!

営業時間は、1時から8時まで

ビーフヌードルは、4時ごろには売り切れてしまう為早めに行くことがおすすめ

 

調理場では、4人がかりで止まることなくずっと動き続けている

店内は、オープンからクローズまでずっと満員

早速お目当てのビーフヌードルを注文

10分ほど待つと、来た来た~!!!

この濃厚なスープとボリューミーなお肉!

『うまっ!!!』

食べた瞬間に、一緒に行っていた2人の友達も含めてみんな驚きの表情

 

スープは濃厚なのに、牛肉のだしだけをとったピュアなスープ

きわめてシンプルなのに、ワイン入れた!?みたいな深い味わい

 

そして、なんといってもこの麺

実は通常、ペナン島の麺(中華麺)は、99%伸びきっている麺

一方、ここの麺はコシがあって、すごくフレッシュ

作りたての麺、そして茹でたての麺であることが、一目瞭然

 

この麺とスープのハーモニーは、とんでもなく美味しい

 

・・・・ということで、もちろん再来!

 

今回は、ワンタン麺(スープなし)

もちろん大盛り

『あぁ、美味しい…』

ワンタンは、調理場の横でお母さんがすごいスピードで作っている

作りたて、自家製のもっちもちワンタン

そしてこの麺!そして、この甘辛こってりソースが何とも言えない

 

ビーフヌードルとは違う楽しみ方で、3杯くらいイケちゃうワンタン麺!

 

ペナン島には10日間滞在。1日7食食べ、70食食べたからこそこれだけは言いたい

『ここのヌードルは、ペナン島で一番美味しい』

最終日までこのビーフヌードルとワンタン麺をリピートし続ける日々

 

値段

・ビーフスープヌードル:7.5リンギット(220円)

・ワンタン麺:4.5リンギット(130円)

※喫茶店(カフェ)のため、別途ドリンク代

 

■Kedai Kopi Sai Lam

 

2位:世界一有名な食通YouTuber絶賛!うますぎる点心飲茶!

 

世界で一番有名な食通Youtuber『Mark Wiens(マークウィエンズ)』をご存知だろうか?

 

このマークが『Best Dim Sum(最も美味しい点心)』と大絶賛したお店がこちら!

場所はジョージタウンの中心街に位置する

中国の歴史を感じられる店内だ

座っているとおばさんが、あっつあつほっやほやの点心を運んできてくれる

食べたいものを指さしで注文するスタイル

蒸し点心以外にも、揚げ物などもたくさん

全て作りたてなので、フレッシュでとても美味しい

一ラウンド目(笑)

『チキン&ピータンフライ』

チキンの中にピータンを包んで揚げたもの

『海老蒸し餃子』(奥)と

『カニ蒸し餃子』(手前)

手前のカニ蒸し餃子、カニの香りと触感が最高!絶品!!

 

『海老シュウマイ』

なんでこんなに海老の香りを残したまま作れるのか・・・

 

『海老のすり身と野菜の練り物揚げ』

マヨネーズをディップして、さっくさくジュ~シ~

『ささみの茄子はさみ揚げ with 甘辛ソース』

 

この他にも頼んで、かつジャスミン茶も頼んで

お値段:35リンギット(1050円)

 

他にも点心飲茶に行ったけれど、ここの方が美味しい!

おすすめ!!

 

■Tai Tong Restaurant 大東酒楼

 

3位:ペナンB級グルメの王者!『何この味!?何この触感!?』

3位にランクインしたのは、ペナンでしか食べられないこの料理!

最初に見た時から、『なにこれ!?』みたいな感想

具材は、お米で作られたお餅(ゼリー?)のようなものと、もやし、にら、卵

ちなみに卵は、ダッグ(ダチョウの卵)とチキン(鶏の卵)からチョイス可能

あつあつの鉄板で、しっかり炒めて、最後に牛脂を使ってこってり目に味付けしていく

スパイス強め&こってり料理だが、実はこれ『ペナン島の朝食』

個人的には、ビールにめっちゃ合いそうな料理だと思うのに、どのお店も10時ごろには閉店。朝限定で食べられる料理なのだ

 なんだこれ!?みたいな味付けだが

2口目から箸が止まらなくなってくる、クセになる味付けだ

 

ん~、食べたくなってきた

 

お値段

2.5リンギット(75円)

 

■マップにないので、ここら辺

4位:ペナン一旨い!世界7大美食の『アッサムラクサ』

ペナンに行ったのにこれ食べなかったの!?

と言われるほど、ペナンを代表する料理。

それがこの『Laksa(ラクサ)』だ

 

実はこのラクサ、

マレー料理と中華料理が融合したペナン独自の食『ニョニャ料理』

 

日本では決して味わうことができない味付けで、私も結構好きな料理

 

そのニョニャ料理を代表するのが『Laksa(ラクサ)』

魚の出汁ベースのスープは、『甘い・辛い・酸っぱい』の3拍子が揃った独特な味わい!

 

1口目『くさっ!』

 

2口目『辛っ!』

 

3口目『すっぱ!』

 

そして4口目には美味しく感じ、なんともやみつきにになる味わい

 

なんとこのラクサ、『世界で最も美味しい料理50選』(by CNN’s news 2011)で7位を獲得したツワモノらしい!笑

 

 

このアッサムラクサが特に美味しい場所がここ

『My Own Cafe』

店内の雰囲気も良く、接客も◎

値段も小さいものは4リンギット(120円)とかなりお得

ぜひ、試してみては?

 

■My Own Cafe

 

【ちょっとしたウンチク】

実はこのラクサ、シンガポールにもあるとのこと。

ペナンにあるのは、酸味が強い『アッサムラクサ』

シンガポールにあるのは、ココナッツミルクを加えたマイルドなスープが特徴的な『カトンラクサ』

 

その情報を聞いた食いしん坊の私は

もちろん、シンガポール行きのフライトを予約!

 

クアラルンプールからペナンに来たので、逆方向!笑  それが私の旅のスタイル。笑

シンガポールのカトンラクサの味付けには、本当にびっくりしたので、後々の記事で紹介!

 

お楽しみに!
f:id:saratravel2525:20180304190347j:image

 

5位:ピーナッツソースが甘くない!!ピリッと辛く濃厚なサテを堪能!

インドネシア料理としても有名なサテ

(焼き鳥みたいなものに甘いピーナッツソースをつけるもの)

 

このピーナッツソースお砂糖たっぷり

甘くてなんだか好きじゃなかったのだが、ついにソースが甘くない美味しいサテを発見

注文は10本から

牛肉・鶏肉・豚肉・ラムから選べる

目の前でジュージュー焼いてくれる

このソース、ピーナッツを炒っているようで

ピーナッツの香ばしさと、かなりいい具合のピリ辛スパイス

香草も加わって、風味もばっちり

 

今回オーダーしたチキンサテに相性ばっちりの絶品!

 

■マップにないので、ここら辺

 

 

【ペナン島の楽しみ方】

www.sarablog.tokyo

 

 

【ペナン島からフェリーで行けるリぺ島】

www.sarablog.tokyo

 

 

■タイ全土を回ったトラベラーが紹介する魅力的な島々と美味しい料理はこちら

 

■シンガポールの美味しいソウルフードはこちらから

 

■スペインを830㎞を歩く世界遺産の道カミーノ!38日間かけて1人で歩く波乱万丈の巡礼記はこちら

 

■女一人で旅した中東!怖いイメージしかない中東って実際どうなの!?はこちらから